FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

平成30年7月豪雨について

2018年 07月09日 18:00 (月)

一中学生の主張をどうかお聞きください。

今回の被災地の近くに住んでいるわけではありませんが、ニュースを見て被災地の悲惨な状況を見て胸が痛くなります。
亡くなった方は100人を超え、行方不明者がまだ多数います。
西日本の各地などでは大雨特別警報が発令されていました。
大きな川が氾濫して街は水浸しになり元どおりの生活を送ることが困難になってしまっています。

そんな中あることを思い出しました。
私はよくネットサーフィンをします。そんな中見つけたのがこちらの画像です。

20180709181829867.jpeg


スーパー堤防についてはこちらをご覧くださいスーパー堤防

旧民主党(現立憲民主党・国民民主党など)が平成21年に行った、蓮舫氏の「2位じゃダメなんですか」でも有名な事業仕分けの中で行われたスーパー堤防に関する議論のワンシーンです。
こちらの議論があり、建設工事が行われていたスーパー堤防は全て一旦中止になりました。
その後建設工事は再開しましたが、その間の数年のロスで一体どれくらいの被害が防げたのでしょう。
私は今回氾濫した川がスーパー堤防の事業範囲だったかどうかは把握しておりませんが、もし中止していなければ、もし事業範囲外の河川でのスーパー堤防建設の議論ができていたら。考え出したらきりがありません。
スーパー堤防は完成するまでに400年かかり十二兆円という莫大な費用がかかると言われています。
あの時民主党は、スーパー堤防の建設を中止しただけではありません。
その後の防災に関わる議論を中止させた、防災の意識をより高めるチャンスを無くしたのです。人の命はお金に変えられません。私は人1人が助かるなら税金を使ってもいいと思います。本当にスーパー堤防はスーパー無駄遣いでしょうか?本当に人の命を守ることに無駄遣いなどあるのでしょうか?

現在の国民民主党は与党がやることに批判ばかりして代替え案や改善案を提案することもしません。
ましてや国民から責任を持って選ばれた国会議員が議会を長期間欠席するなど許されるのでしょうか。
それこそ税金の無駄遣いです。

私は声を大にしてこう言いたい。
民主党を許すな

防災に無駄なんてない

どうか先ほどの画像だけで結構ですので拡散してください。
選挙権を持つみなさん、どうかその人がふさわしいかよく考えて投票してください。
私のような選挙権を持っていない皆さん、どうかニュースに興味を持って今の世の中に何が必要なのかよく考えてみてください。

乱文でしたが最後まで見てくださりありがとうございました。

最後になりましたが、今回の豪雨の被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2018年10月27日 14:09

とりあえずネットの意見だけを鵜呑みにしないでください。別に民主党がいい、
自民党が悪い、と言いたいわけではありません。ただ、個人的にはこの記事はネトウヨの情報操作
を真に受けているのではと見られます。どうか、スーパー堤防のデメリットについても考え、調べてください。また、スーパー堤防計画で勝手に壊された家のことも知ってください。
同じ中学生からのメッセージです

Re: No title 貴重なご意見ありがとうございました。

2018年11月03日 01:34

閲覧していただきありがとうございます。
あなたのような意見があると本当に助かります。
確かに言われてみればネトウヨとやらの意見を真に受けている(実際多くの情報源がネットなので)感じもします。
しかし、切り取られて情報操作されているという意見もわかりますが、実際にこのような発言が飛び出しているわけなんです。
様々な災害が起きている今では考えられませんよね。
私はとあるとても大きな川の近くに住んでいます。もし豪雨で堤防が決壊すると街の機能が麻痺してしまいます。
なので僕が立ち退かなければいけない立場になったとするならば、(もちろん好き好んでではありませんが)スーパー堤防で救える命があるなら、立ち退きに応じると思います。

当時の僕は熱くなっていたのでしょうね。少々過激ともとれる発言があり不快に思わせてしまったことは謝罪します。
もちろん私の考えが正しいとは限りませんし、あなたの考えが間違っているわけではありません。
僕は自分の意見を考えを発信する場としてこの場を選びました。僕はこの考えを自分の中で持ち続けるつもりです。
どうかご理解いただけると幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。